2016年9月24日土曜日

Gnocchi di Castagne al Burro e Salvia 栗のニョッキ バターとセージのソース

香ばしくローストした栗を粗漉しして生地に練り込み、棒状にのばして切り分けただけの素朴な自家製栗のニョッキ。
セージの香りを移したバターにフォンティーナチーズを溶かし込んだ、北イタリアらしい芳醇なソースでいただく秋のスペシャリテです。

2016年9月17日土曜日

Insalata di Tonnetto Scottato 戻り鰹のたたき サラダ仕立て

秋になってしっとりと脂が乗ってきた戻り鰹の腹身を銀皮をつけたまま香ばしく炙って、サラダ仕立てでいただく秋らしい前菜料理。
黒潮に乗って北上し餌の豊富な金華山沖でひと夏を過ごしたカツオは、春とは別物のようにまるまると太り二度目の旬を迎えます。

2016年9月10日土曜日

Pasta con Crema di Melanzane e Basilico 秋茄子とバジリコのパスタ クリームソース

素揚げした茄子とかりかりに炒ったハムをバターやチーズと生クリームでソースに仕立てた、秋茄子とバジリコのクリームソースのパスタ。
クリームソースに茄子やバジリコというのはやや意外感もありますが、残暑と秋が交互にやってくるこの時期らしい一皿に仕上がりました。

2016年9月3日土曜日

Bucatini con Erbe e Salsiccia Fatta in Casa 生ソーセージとハーブのブカティーニ

セージやローズマリーなどをかりかりにソフリットして、香りを移したオイルと白ワインで自家製ソーセージを煮含めた、ちょっと田舎っぽい雰囲気のパスタ料理。
蒸し暑い夏の間はあれですが、少し涼しくなってくると香辛料のきいたこんな肉々しいソースのパスタが食べたくなりますね。

2016年8月27日土曜日

Spaghetti alla Crudaiora ミニトマトとバジリコの冷製スパゲッティ

フォークの背で潰したミニトマトと果汁、オリーブオイル、バジリコを攪拌したものがソース、これをきんきんに冷やして茹でた熱々のパスタと和えた、冷製といってもちょっと生ぬるいパスタ料理。
暑さ寒さも彼岸までといいますが、残暑のなかにも微かに秋の気配漂う今の季節にテラスで風に吹かれて食べれば立派に涼を感じる一皿です。

2016年8月20日土曜日

Carpaccio di Pesce Azzurro 夏鯵のカルパッチョ

近海でたくさん獲れるのにイタリアでは煮ても焼いても美味しくない魚として人気がないアジ、刺身やマリネでとびきり美味しいのにもったいない話ですよね。
青魚にしては淡白で身に歯ごたえがある鯵は、削ぎ切りにしてオイルをまわすカルパッチョで持ち味が活きます。

2016年8月13日土曜日

Pasta alla Norma 茄子とトマトとリコッタが奏でるノルマ風スパゲッティ

香ばしく素揚げした茄子がアリアなら真赤に熟したトマトやバジリコにオリーブオイルの香りがアンサンブル、素材が調和したパスタの傑作はオペラの名作ノルマの名に相応しい逸品です。
仕上げに散らす塩気の強いリコッタもこのパスタには欠かせない要素、これでぐっとシチリアっぽい雰囲気になります。

2016年8月7日日曜日

Tagliata all'Aceto Balsamico 牛もも肉のタリアータ バルサミコソース

雑味がなく肉本来の風味が薫るアンガス種の赤身肉をレアに焼き上げ、ルコラの上にどさっと盛って煮詰めたバルサミコソースをまわしかけたオーソドックスなタリアータ。
下味をつけずにふっくらと焼いて後塩で味を決め、たっぷりのオリーブオイルでジューシーに仕上げるのがフィレンツェ風です。